六角堂について

六角堂

587年、聖徳太子によって創建されたと伝えられています。正式名称は「紫雲山頂法寺」と言います。本堂が六角形をしていることから「六角堂」と呼ばれるようになりました。

この六角堂の境内にある池は聖徳太子沐浴の地と言われています。

池のほとりに小野妹子を始祖とする住持の寺坊があったことから「池坊」と呼ばれるようになり、この池坊代々の執行によっていけばなが完成されたことから、六角堂はいけばな発祥の地とされています。

比較的狭い境内に入って東側には柵で囲まれた中に「へそ石」があります。六角堂が平安京造営以前から存在し、位置もほぼ移動していないことから、ここが京都の中心地と言われています。

また、六角堂は京都のパワースポットの一つです。本堂の前にある大きな柳は「縁結びの柳」と呼ばれ、二本の枝をおみくじで結ぶと良縁に恵まれるといわれています。また、少し首を傾けたお姿の「一言願い地蔵」様がいらっしゃいます。欲張らずに一つだけお願い事をすると、叶えられると言われています。

また、六角堂の境内には幸運を運んでくるという鳩がたくさんいます。その鳩をモチーフとした「幸運鳩みくじ」は、止まり木に止まっている鳩がおみくじを持っている可愛らしい形をしており、女性を中心に人気となっています。

六角堂はビルが建ち並ぶ京都の街中にあり、都会のオアシスのような存在です。六角堂のすぐ隣にはスターバックスがあり、全面ガラス張りの店内から六角堂を眺めることもできます。

縁結びの柳をクローズアップ!

境内に入ると大きな柳の木が目に飛び込んできます。これが「縁結びの柳」と呼ばれる木で、枝にはたくさんのおみくじが結びつけられています!2本の枝を一緒に結ぶのがポイントです。

おみくじを結びつけると良縁に恵まれるとされています。その噂が広く知れ渡り、婚活中の女性を中心に大人気となっているようです!

サブコンテンツ

このページの先頭へ