伏見稲荷大社について

伏見稲荷大社

「お稲荷さん」として親しまれている伏見稲荷大社は和銅四年(711年)に、秦伊呂具(はたのいろぐ)によって創建されたと言われています。

全国に三万社以上ある稲荷神社の総本山です。伏見稲荷大社は稲荷山全体を神域・境内としています。

ご祭神は五柱(宇迦之御魂大神・うかのみたまのおおかみ等)で稲荷大神が持つ広大なご神徳をそれぞれ神名化したと言われている。

古くは農耕の神様であったのが、現在では商売繁盛、交通安全、家内安全など、幅広くご利益があるとさて、多くの人々の信仰をあつめています。

伏見稲荷大社と言えば、なんといっても「千本鳥居」が有名です。実際の鳥居の数は数千本とされています。ずらりと並ぶ朱色の鳥居の中を進んでいると、どこか幻想的で異次元の世界に迷い込んだような感覚になります。

その千本鳥居を進んでいくと、通称「奥の院」と言われる奥社奉拝所があります。この奥社奉拝所は、お山を遥拝するところです。そしてこの奥社奉拝所の右手奥にあるのが「おもかる石」という、一対の石灯籠です!この石を持ち上げた時に、予想より軽ければ願いが叶い、重ければ叶い難いとされる試し石です。伏見稲荷大社には、このおもかる石が目的で来る方も多いことでしょう。

伏見稲荷大社は山全体が神域なので、山全体ゆっくり時間をかけて巡るのがおすすめです。初詣にはお正月の三が日で250万人もの参拝客が訪れるほどの人気スポットです。お稲荷さんのパワーをいただきに訪れてみてはいかがでしょうか。

おもかる石をクローズアップ!

伏見稲荷大社の奥社奉拝所の右手奥にある一対の石灯籠の空輪(石灯籠の頭の部分)に「おもかる石」はあります。

まず石灯籠の前でお願い事をします。その後、このおもかる石を持ち上げ(左右どちらの石でも良いそうです)、予想より軽ければ願いが叶い、重ければ叶い難いとされています。もし予想より重かったとしても、伏見稲荷大社のパワーで願い事が叶うといいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ